1. ホーム
  2. 講演会・体験会情報一覧
  3. 第2回(特別支援)教育講演会のご案内

講演会・体験会情報

第2回(特別支援)教育講演会のご案内

『特別支援が必要な子どもたちに今何を指導していく必要があるのか?』
  〇まずは”18歳以降の出口”から、何をするかを考える。
  〇どんな学力や社会性が治癒用か?その具体例を教えます
  〇学校と医療と福祉の協力が必要!どのように連携を図る


 現在、日本の中には数百万も働けけていない大人がいます。多くは「グレーゾーン」と言われる課題を持った方たちです。知的な課題だったり、精神的な課題であったり内容は様々ですが、一生税金や保護者の世話になって生きていく人生を誰が望むのでしょうか?そこで、特別支援が必要な子が一人で生きていくための進路について考える講演会を企画しました。

 どんな進路を選択すれば就労ができるのか?また、そのために今何をしなくてはいけないのか?『学力』と『社会性』の2つの観点から、子どもに身につけさせなくてはならない力をお話しすると共に、具体的にどのように支援を行っていくとよいかを提案する講演会です。講演会に参加希望の方はホームページからお申込み下さい。

 また、山内先生の無料個別相談会を午後から開催します。相談会は、時間等の調整がありますので直接といろまでお手数ですがお電話でお申込み下さい。

知らなかったでは済まされない特別支援が必要な子の進路の話!

第1回の講演会が開催日の1ヶ月前で満席となり、キャンセル待ちの方が多数となったため、急遽同じテーマで『といろ調布ヶ丘ルーム』で講演を行うなど大好評だった山内先生の2回目となる講演会を企画しました。

【講師】山内康彦先生先生((一社)障がい児成長支援協会理事長、学校心理士、ガイダンスカウンセラー、特別支援学校専門職修士)

講師プロフィール
専門は特別支援教育と体育。教員を20年務めた後、教育委員会で教育課長補佐となり、就学指導委員会と放課後子ども教室等を担当。その後、岐阜大学大学院で学び、修了後 小中高・特別支援学校の専門職修士となる。学校心理士やガイダンスカウンセラーの資格も取得。自信も発達障がいがありながら、周囲に支えられ、いくつもの困難を乗り越えてきた経験から話される講演は、全国各地で大好評を得ている。現在は、障がい児成長支援協会の協会長として、全国での講演会活動や障がい児施設の指導を積極的に行っている。
(一社)障がい児成長支援協会理事長、学校心理士、ガイダンスカウンセラー、特別支援学校専門職修士

講演会・体験会概要

日時 令和2年3月31日(火)
9:30~11:30
会場 調布市文化会館たづくり
シアターホール
定員 100名(先着順にて受付させて頂きます)【要予約】
参加費 無料
主催 (一社)障がい児成長支援協会
後援 調布市教育員会

一覧に戻る この講演会を申し込む

無料説明・体験随時受付中!

保護者向け無料説明・体験見学を随時受付中です。 お気軽にお問い合わせください。

このページのトップへ